人間ドックについて知る

実際に、人間ドックでは、どのような項目の検査が行われるのでしょうか? 労働安全衛生法で定められた健康診断よりも、さらに細かい検査が行われる人間ドック。 一般的に、半日程度で検査が終了する健康診断に比べ、人間ドックではさまざまな日程のコースが存在します。

代表的な検査項目

人間ドックは、健康診断方法のひとつですが、日本だけの発想だということをご存知でしたか?
予防医学の考え方をもとに始まった人間ドックですが、日本でのはじまりは約50年前に遡り、1954年頃と言われています。
人間ドックの普及とともに、日本の三大死因とも言われる、がんや心臓病などの「生活習慣病」という言葉も広く知られるようになりました。
人間ドックが定着した現在では、人間ドックとして行われる検査のコース内容も多様化してきています。
一日で終わる日帰り検査のほか、一泊二日の検査や一週間をかけてよりくわしく検査するコースなど、医療機関によって異なりはしますが、さまざまなコース内容と料金体系の人間ドックが存在します。
また近年、医療技術が大きく進歩したことによって、さまざまな疾患の早期発見、早期治療につながる検査として、その検査メリットも大きくなったため、受診する方は増える傾向にあります。
各自治体や勤め先などで義務づけられる健康診断もありますが、人間ドックでは、そういった健康診断よりもさらに詳細な精密検査、そして、より個人個人の疾患に対する家族の罹患歴などを考慮した検査が受けられます。
また、医師の説明をしっかりと受けられるなどのメリットがあるのもうれしいですよね。
医療保険の対象外となるため、基本的には受診料は自己負担となる人間ドックの受診ですが、健康状態と目的によっては、非常に有意義なものとなります。
人間ドックを知り、ぜひかしこく利用したいですね。

おすすめリンク

新宿駅近くにある耳鼻科

仕事終わりでもまだ間に合う。新宿駅から徒歩数分圏内にあって遅い時間まで受診可能な耳鼻科一覧です。

オプション検査では?

日本人間ドック学会が提案している、オプション検査の項目は、約4種類。 女性の場合は婦人科検診だったりと、当然ながら、それぞれの性別ごとに、人間ドックで検査するべき器官も異なってきます。 一般的なオプション検査で、メジャーとされる項目について、くわしく見てみましょう。

よい人間ドックとは?

実は、人間ドックは、どこの医療機関でも同じではないことをご存知でしたか? 各医療機関が、それぞれ料金や検査項目を決定できるという、いわゆる確立された明確なルールがないのが、人間ドックの現状です。 ぜひ、自分に合った人間ドックを選びたいですよね。

上へ