足が痛くなりにくいパンプスの特徴についてリサーチしていきます。

ロゴ

スムーズな歩行

せっかくデザインが気に入っているパンプスでも、履いていると足が痛くなるのであれば困ります。履き心地も良く快適に歩けるパンプスを選ぶことが大切です。

靴の悩みを解消するために

女性

安定感がある

ヒールが太くてしっかりとしていれば、安定感が増して歩きにくさや、違和感を感じることが少なくなります。細いヒールでも左右幅があるタイプであれば、安定しやすいため、足の痛みが出にくいといえるでしょう。

フィットしている

サイズが大きすぎても、小さすぎでもNGです。しかし、サイズが大きい場合は、中敷きパッドなどを入れて調整することで、痛みや違和感を和らげることもできます。ストラップ付きのタイプであればズレにくく、フイット感が増します。

強度がある

パンプスの土踏まずの部分にある金属板の強度が重要です。この金属板が強固であれば、パンプスが左右にねじれることもなく、しっかりと足をサポートしてくれます。また、側面にある芯も固いものが望ましいです。

外反母趾に注意

小さいサイズの靴を履いていることで、外反母趾になったり、出血や、マメ・タコができてしまうトラブルが発生します。無理して履き続けることで、大きな負担となってしまいます。深刻なトラブルになる前に、合わない靴を履き続けることは避けた方が無難です。

つま先が痛いときは

パンプスの前に体重がかかってしまうことで、つま先が痛くなることがあります。サイズが合ってないときには起こりやすい現象です。そんなときには、専用のすべり止めグッズが便利です。通販サイトには、多種多様なサポートグッズが用意されています。