オプション検査では?

メインとなるオプション検査項目

オプション検査は、医療機関によっても、大きくかわる検査のひとつです。
遺伝性起因が強い疾患を二親等内の家族が罹患している方などは、早期発見が有効になる場合も多くあります。
年齢に関わらず、不安のある場合は、医師などと相談しながら、ぜひオプション検査を利用することをおすすめします。
一般的なオプション検査としては、次のようなものがあげられます。
血液検査では、腫瘍マーカー検査、C型肝炎検査、甲状腺検査などがあります。
そして、超音波検査では、骨粗しょう症検査だったり、CT検査では、内臓脂肪面積測定検査や肺CT検査、胸部CT検査などがあります。
前立腺がん、乳がんなど、それぞれの性別で特有の疾患を、早期に発見できる利点もあります。
ぜひ、オプション検査の選択を検討してみていただきたいです。

女性は、ぜひオプション検査の選択を

婦人科の疾患は、早期発見がとても大切になります。
女性特有の乳がんや、自分ではわかりにくい婦人科の疾患の早期発見を目指すためにも、女性の場合は、乳腺や婦人科検診などのオプション項目をプラスすることをおすすめします。
とくに、乳がんに対しては、毎年忘れずに、念入りに検査をする必要があります。
現在は、約14人に1人が乳がんになる可能性があると言われており、その患者数も、年々増加の傾向にあります。
ぜひ、オプション検査に、マンモグラフィー(乳房エックス線)や乳腺エコー(乳房超音波)検査、子宮頸部細胞診などを取り入れていただきたいです。
また、健康面で、普段から少し気になっていることや、最近変わったかな?と感じるカラダの疑問など、全身を徹底的に調べる人間ドックでは、小さな疑問点を解消できるよい機会です。
積極的に医師とのコミュニケーションをはかることも、合わせておすすめします。


この記事をシェアする
TOPへ